会社を知る

「ものづくりの志」を胸に、
日本を代表する鞄ブランドへ。

1965 年、田畑の広がるのどかな東京の下町で、土屋鞄のランドセルづくりは始まりました。最初は、自宅の一角に設けられた 11 坪ほどの作業場に、職人は父・土屋國男ただ一人。そこから二人、三人と少しずつ仲間が増えていきました。私の周りには、ミシンの音と革のにおい、ものづくりに実直な職人たちの姿がありました。

1990 年代、バブルが崩壊し、安価な海外製品の影響を受けた日本の鞄業界は、衰退の一途に。まだまだ小さな工房だった土屋鞄も、廃業目前でした。私は、鞄の仕事をするつもりがなく海外にいましたが、窮地の家業を手伝うことに。

入社して、いざ職人の仕事と向き合ってみると「技術はあるのに、食べてはいけない職人たちを何とかしたい」「日本の丁寧なものづくりは、もっと評価されるべきではないのか」私を、そんな思いが突き動かしました。

自分たちの理想とする、上質な鞄をお客様に届けるため、経営経験ゼロからのスタートは、試行錯誤の繰り返しでした。

職人の仕事の価値や、ものの良さ、想いを広く知ってもらうため、最新のデジタルシステムを取り入れた販促活動や製品管理に取り組むなど、時代の先を見据えながら、常に新しいチャレンジを続けてきました。

創業から 50 余年、行動力あるユニークな仲間に恵まれ、土屋鞄は大きくなりました。商品企画から革などの原材料の仕入れ、製造、販促、販売、アフターサービスまで、今ではさまざまな職種の社員が活躍しています。ですが、まだまだこれからです。

日本を代表する鞄メーカーに、そして、メイドインジャパンの品質を世界中の人に伝えるために。トップダウンではなく、ボトムアップで。全力を尽くしてやった取り組みなら失敗しても結構です。思い切った新しい取り組みをどんどん推進してもらいたいと思っています。

これからの土屋鞄を担う、想像力豊かでクリエイティブに働く方が新しい仲間になってくれることを楽しみにしています。

1965 年、田畑の広がるのどかな東京の下町で、土屋鞄のランドセルづくりは始まりました。
最初は、自宅の一角に設けられた 11 坪ほどの作業場に、職人は父・土屋國男ただ一人。
そこから二人、三人と少しずつ仲間が増えていきました。
私の周りには、ミシンの音と革のにおい、ものづくりに実直な職人たちの姿がありました。

1990 年代、バブルが崩壊し、
安価な海外製品の影響を受けた日本の鞄業界は、衰退の一途に。
まだまだ小さな工房だった土屋鞄も、廃業目前でした。
私は、鞄の仕事をするつもりがなく海外にいましたが、
窮地の家業を手伝うことに。

入社して、いざ職人の仕事と向き合ってみると
「技術はあるのに、食べてはいけない職人たちを何とかしたい」
「日本の丁寧なものづくりは、もっと評価されるべきではないのか」
私を、そんな思いが突き動かしました。

自分たちの理想とする、上質な鞄をお客様に届けるため、
経営経験ゼロからのスタートは、試行錯誤の繰り返しでした。

職人の仕事の価値や、ものの良さ、想いを広く知ってもらうため、
最新のデジタルシステムを取り入れた販促活動や製品管理に取り組むなど、
時代の先を見据えながら、常に新しいチャレンジを続けてきました。

創業から 50 余年、行動力あるユニークな仲間に恵まれ、土屋鞄は大きくなりました。
商品企画から革などの原材料の仕入れ、製造、販促、販売、アフターサービスまで、
今ではさまざまな職種の社員が活躍しています。
ですが、まだまだこれからです。

日本を代表する鞄メーカーに、
そして、メイドインジャパンの品質を世界中の人に伝えるために。
トップダウンではなく、ボトムアップで。
全力を尽くしてやった取り組みなら失敗しても結構です。
思い切った新しい取り組みをどんどん推進してもらいたいと思っています。

これからの土屋鞄を担う、想像力豊かでクリエイティブに働く方が
新しい仲間になってくれることを楽しみにしています。

代表取締役社長 土屋 成範


会社概要

商号 株式会社 土屋鞄製造所
創業者 土屋國男
代表取締役社長 土屋成範
創業 1965年
資本金 7,000万円
従業員数 613名(2021年4月現在)
2018年:86%中途
2019年:88%中途
2020年:80%中途
事業内容 オリジナルブランドでの皮革製品を中心としたランドセル、鞄・小物の企画・製造、及び販売
所在地 事業所
・本社/〒123-0841 東京都足立区西新井7-15-5
・日本橋オフィス/〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1丁目10-13 REVZO日本橋堀留町4F
・佐久事業所/〒385-0009 長野県佐久市小田井613-1

工房
・西新井工房 /〒123-0841 東京都足立区西新井7-15-5
・軽井澤工房 /〒389-0113 長野県北佐久郡軽井沢町発地200
・佐久工房 /〒385-0009 長野県佐久市小田井613-1

店舗
・土屋鞄製造所
実店舗一覧はこちらopen_in_new
・土屋鞄のランドセル
実店舗一覧はこちらopen_in_new
・grirose
実店舗一覧はこちらopen_in_new
・objcts.io
実店舗一覧はこちらopen_in_new
本社へのアクセス

日暮里舎人ライナー「西新井大師西駅」より徒歩4分

大きな地図を見るopen_in_new
日本橋オフィスへのアクセス

東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅 徒歩4分
東京メトロ日比谷線・都営浅草線「人形町」駅 徒歩5分
JR 総武線「新日本橋」駅 徒歩8分
都営新宿線「馬喰横山」駅 徒歩7分
東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅 徒歩9分

大きな地図を見るopen_in_new

エントリー

エントリー

土屋鞄を知る

数字で知る

MORE

先輩たち

MORE